自然を楽しむことはもちろん、木材やエッセンシャルオイルなどが生まれた森のなかで、それらが実際に生まれる過程を体験してみませんか。

もっと詳しく

町まで歩いて10分、みくわヶ丘の森まで5分。キッチンで自炊ができ、色々な設備も整っている独立したコテージなので、1泊でも長期でも、周りを気にせずゆっくりと過ごせます。

もっと詳しく

顔の見える「野菜」があるように、顔の見える「木材」があってもいい。
顔の見える範囲で、有効活用されていなかった下川産広葉樹の活用に取り組んでいます。「しもかわ広葉樹」の産地直売所として、乾燥済み木材と、オーダーメイド天板をお届けしています。

もっと詳しく

9/12 下川小学校5年生森林環境教育(現地学習)を実施しました。

小学校5年生は、小学校で唯一、社会で「わたしたちの生活と森林」という、森林をテーマにした単元を学習します。 せっかくなら...

続きを読む

森の生活だより

キタクラフトさんに広葉樹材をご活用いただきました。

森の生活では、自社で低温乾燥を行い、これまで十分に有効活用されていなかった広葉樹を流通させるしくみづくりに取り組んでいます。 →詳しくはこちら

少しずつ町内でも活用いただける方が増えてきて、嬉しい限り!

キタクラフトさんも、その1人。

ホームページの「家づくり紹介」のページに、森の生活で提供させていただいたミズナラの木をお使いいただいた住宅の内装がアップされていますので、ぜひご覧ください。

階段の踏み板や、窓の手前の横板などに使っていただいています。
耳付きでお使いいただいたり、あえて節を見せたり、木の素材感がとってもよく伝わってきます。

長い時間をかけて育った広葉樹が、伐採後にこうして顔の見える範囲でまた活かされていく風景は、昔は当たり前だったのでしょうが、最近ではほとんどなくなってしまいました。

現場もご案内いただき、こんな事例を今後も増やしていきたいなと、改めて思いました。

麻生翼

麻生 翼  (あそう つばさ)

愛知県名古屋市出身。大学時代に訪れた北海道の農山村に魅せられ、気づけば下川に流れ着いていました。下川は個性豊かな人々が多くとても面白い町です。のんびり田舎暮らしはどこへやら…な日々ですが、たまの休日は山菜採ったり渓流釣りしたり、ときどき狩猟したり、森の生活を満喫しています。代表です。