町まで歩いて10分、みくわヶ丘の森まで5分。キッチンで自炊ができ、色々な設備も整っている独立したコテージなので、1泊でも長期でも、周りを気にせずゆっくりと過ごせます。

もっと詳しく

顔の見える「野菜」があるように、顔の見える「木材」があってもいい。
顔の見える範囲で、有効活用されていなかった下川産広葉樹の活用に取り組んでいます。「しもかわ広葉樹」の産地直売所として、乾燥済み木材と、オーダーメイド天板をお届けしています。

もっと詳しく

11/14 中学校3年生の郷土学習の授業を実施しました!

下川中学校の3年生は、授業の一環で毎年郷土学習をしています。   今回は「下川の移住者・地元の人からの講話から...

続きを読む

森の生活だより

ヨックルガーデン通信2018 ①

〜ヨックルガーデン花便り〜

カモミール 
雪の下でじっと春を待ち、木道の間からも芽吹いてくる。なんともたくましく、愛らしい花。ガーデンの色んなところから、こぼれ種で育っています。

コリアンダー
白いのがコリアンダーの花。よく見ると、もう実をつけています。こぼれダネでもよく育つくらい、この辺の気候に合っているハーブです。

芽キャベツ
昨年植えたものが、越冬して花を咲かせています。種が採れるといいな。

チャイブと宿根亜麻
いつも早くからガーデンを華やかにしてくれるチャイブと宿根亜麻。宿根亜麻は徐々に増やしています。いずれは、この季節は亜麻の青が広がるガーデンにしたいので、今年もせっせと種採りします!

何の花だかわかりますか?
ネギの花です。ネギボウズなんて言ったりします。

これも分かるでしょうか?
アスパラですよ〜。売られている状態からどんどん伸びて花を咲かせるんですよ。

ワイルドストロベリー
小さな実もつけています。普通のイチゴは、もう花の時期を終えて、身をつけ始めてます。赤くなったら、鳥より先に食べてくださいね。

現在ヨックルガーデンはレイアウト変更の作業中で雑然としていますが、よく見ると色んな花や野菜やハーブが植えてありますので、歩いてみてくださいね!ひと月後には、装いも新たなガーデンの姿をお届けできると思います。楽しみにしていてください!

成田 菜穂子 (なりた なおこ)

ヨックル担当になって6年目。この季節は畑仕事に精を出しています。畑仕事はとっても楽しくて大好きなのですが、楽しすぎて没頭してしまい、他の仕事がたまってしまうのが悩みの種です。