自然を楽しむことはもちろん、木材やエッセンシャルオイルなどが生まれた森のなかで、それらが実際に生まれる過程を体験してみませんか。

もっと詳しく

町まで歩いて10分、みくわヶ丘の森まで5分。キッチンで自炊ができ、色々な設備も整っている独立したコテージなので、1泊でも長期でも、周りを気にせずゆっくりと過ごせます。

もっと詳しく

顔の見える「野菜」があるように、顔の見える「木材」があってもいい。
顔の見える範囲で、有効活用されていなかった下川産広葉樹の活用に取り組んでいます。「しもかわ広葉樹」の産地直売所として、乾燥済み木材と、オーダーメイド天板をお届けしています。

もっと詳しく

5/27 小学校5年生の森林環境教育を実施しました!

森の生活では、下川町オリジナルの教育プログラム「森林環境教育」を実施しています。 森林環境教育では幼児〜高校生までの15...

続きを読む

森の生活だより

5/18・20 6/2 下川中学校2年生 森林環境教育を実施しました!

森の生活では、下川町オリジナルの教育プログラム「森林環境教育」を、幼児〜高校生までの 15年一貫で実施しています。
下川中学校3年間での森林環境教育の目標は「下川の林業・林産業の歴史と現在の取り組みを知ることを通じて、町の将来について考える」こと。

今年度、2年生では “下川町の木である「トドマツ」の活用や PR の方法について考えを深めよう” をテーマに設定しました。

これから下川町の町有林から伐り出される木は、トドマツの割合が増えます。
そのトドマツをどのように活かしていくかは、実は下川町のリアルな課題のひとつでもあり、それを中学生の視点で考えてみようというもの。

まずは町有林の樹種別構成や、現在、トドマツがどのように活用されているのかを確認。

その後は、大きさが同じ トドマツ・カラマツ・ミズナラ 3種類の木片を使って、トドマツにどのような特徴があるかを見つけだします。
ルーペで見てみるもよし…

先の細いもので傷をつけてみたり…

折ってみる!!!

トドマツのフローリング材も教室に用意。実際に座ったり寝転がったり頬ずりしたり(!)して肌触りもチェックします。

他にも見た目やにおい、重さ、水をたらした時のしみこみ具合、ふれた時の温度の感じかたなど、木の種類によって、様々な違いがあることがわかります。

色々と試して授業内で見つけだした、トドマツの特徴がこちら。

(ちなみに木夢というのは隣町にある森の美術館の名前です)

「下川町のトドマツをPRするとしたら、例えばどんな方法が考えられる?」という先生の投げかけには、トドマツのキャラクターを作る、トドマツTシャツをみんなで着る、トドマツ祭りをひらく、トドマツのポケモンを作る…などなど、面白そうな答えがポンポンあがります。

その後、令和4年度「第53回下川町植樹祭」に参加して植樹活動。(写真がなくすみません…)
さらに下川町内の木材加工メーカー、下川フォレストファミリー株式会社を見学しました。造作用集成材をはじめ、フローリングや羽目板などの内装材、家具やクラフトなども取り扱う会社です。

トドマツを使用した、新製品をみせてもらったり…

仕事で日々トドマツを扱っている職人さんから、トドマツの良さや特徴などをうかがいました。

このあと生徒たちはグループに分かれて、トドマツのPR方法や、特徴を活かした製品づくりなどについて探究活動を進め、最後にはプレゼンテーションを行います。大人では思いつかないような、柔軟な発想もでてくるのでは…?と、とても楽しみです。

これから中学生が成長していくなかで必要となる「自ら課題をみつけ、情報を収集し、整理分析して表現する」力を伸ばすため、毎年度、学校・先生方は熱意をもって授業に取り組まれています。

森の生活では、その学びに下川町の森林資源を活かせるようご提案し、授業づくりへ参加させていただいています。こちらも日々、学ぶことが本当に多いです!中学生に負けないように成長しなくては!!がんばります!!!

(たなか)