町まで歩いて10分、みくわヶ丘の森まで5分。キッチンで自炊ができ、色々な設備も整っている独立したコテージなので、1泊でも長期でも、周りを気にせずゆっくりと過ごせます。

もっと詳しく

顔の見える「野菜」があるように、顔の見える「木材」があってもいい。
顔の見える範囲で、有効活用されていなかった下川産広葉樹の活用に取り組んでいます。「しもかわ広葉樹」の産地直売所として、乾燥済み木材と、オーダーメイド天板をお届けしています。

もっと詳しく

12/5 もりさんぽ「森のリースづくり」を開催しました!

年7回、季節ごとの森を楽しむイベント「もりさんぽ」 12月のもりさんぽは「森のリースづくり」です。 森のリースとは、下川...

続きを読む

森の生活だより

12/5 もりさんぽ「森のリースづくり」を開催しました!

年7回、季節ごとの森を楽しむイベント「もりさんぽ」
12月のもりさんぽは「森のリースづくり」です。

森のリースとは、下川の森のフレッシュなトドマツと町内で採取した植物のドライフラワーを使って作るリースです。

毎年大人気のこの企画、今回もたくさんの方々にご参加いただきました。
(今回は新型コロナウイルスの感染予防対策のため2部屋に分かれての開催でした。)

まずはリースの土台をトドマツの枝葉を使って作っていきます。
会場内にはトドマツの爽やかな香りが広がっています♪


土台ができたら、お好みのドライ素材とトドマツの葉を組み合わせていきます。

黄色が鮮やかなセイタカアワダチソウ、ピンク色のイヌタデ、ふわふわかわいいヨツバヒヨドリ、定番のカラマツの松ぼっくり、ツルアジサイ、ノリウツギ・・・他にも様々な植物があり、その数は20種類以上。
どれもとても可愛いので目移りしてしまい、どれを使うか、どう組み合わせるか考えつつ迷いながら選んでいる時間も楽しいですね。

みなさん集中して作業しています。

そして出来上がったリースがこちら

それぞれに個性が溢れるリースが出来上がりました。
このようにたくさんの種類の植物が集められたり、参加者のみなさんと楽しい時間を共有することができたり、下川の”豊かさ”を感じられる1日でした。

(ながお)