自然を楽しむことはもちろん、木材やエッセンシャルオイルなどが生まれた森のなかで、それらが実際に生まれる過程を体験してみませんか。

もっと詳しく

町まで歩いて10分、みくわヶ丘の森まで5分。キッチンで自炊ができ、色々な設備も整っている独立したコテージなので、1泊でも長期でも、周りを気にせずゆっくりと過ごせます。

もっと詳しく

顔の見える「野菜」があるように、顔の見える「木材」があってもいい。
顔の見える範囲で、有効活用されていなかった下川産広葉樹の活用に取り組んでいます。「しもかわ広葉樹」の産地直売所として、乾燥済み木材と、オーダーメイド天板をお届けしています。

もっと詳しく

7/31-8/2 子ども交流事業で横浜市戸塚区を訪問しました!

下川小学校6年生の児童6名が、子ども交流事業で横浜市戸塚区を訪問しました。 1日目 朝6時前に役場前を出発し、飛行機で羽...

続きを読む

森の生活だより

早春の森を歩きました

「季節の森歩き」「森の精油づくり」で下川の森を歩きました。

早春の森には色とりどりの花が咲いていました。

実はどれも山菜として食べることもできます♪

目にも舌にも美味しい春の森をぜひ散策してみてください。

 

青や紫のエゾエンゴサク

 

珍しい白いエゾエンゴサクもありました。

 

鮮やかな黄色のエゾノリュウキンカ(ヤチブキ)。若い茎を少し採っておひたしにして食べました。ほろ苦さがクセになります。

 

体験プログラムの詳細はこちら

 

 

藤原 佑輔 (ふじわら ゆうすけ)

北海道札幌市出身。大学卒業後、書店員、公務員勤務を経て、2017年4月に下川に移住。より自然が身近にある暮らしを求めてやってきました。下川町民としてはまだ駆け出しの身。人や自然の新たな魅力を発見する毎日を楽しんでいます。