自然を楽しむことはもちろん、木材やエッセンシャルオイルなどが生まれた森のなかで、それらが実際に生まれる過程を体験してみませんか。

もっと詳しく

町まで歩いて10分、みくわヶ丘の森まで5分。キッチンで自炊ができ、色々な設備も整っている独立したコテージなので、1泊でも長期でも、周りを気にせずゆっくりと過ごせます。

もっと詳しく

顔の見える「野菜」があるように、顔の見える「木材」があってもいい。
顔の見える範囲で、有効活用されていなかった下川産広葉樹の活用に取り組んでいます。「しもかわ広葉樹」の産地直売所として、乾燥済み木材と、オーダーメイド天板をお届けしています。

もっと詳しく

5/21 森のあそび「親子えんそく」を実施しました!

森の生活では、幼・小・中・高校ごとに15年一貫の森林環境教育を、教育委員会や学校・保育施設と連携して2009年から実施し...

続きを読む

森の生活だより

7月 キッズスクールを実施しました!

下川町には子ども達が様々な体験や経験を得る活動、安全・安心な居場所作りとして小学生対象の「キッズスクール」があります。

今年度から森の生活が下川町教育委員会から事業を受託し、企画・運営をしています。

 

7月のキッズスクールの様子をレポートします!

 

7/4 化石さがし

とても人気があるプログラムで応募が多数あり、参加者は抽選で決定しました。

選ばれし10名で名寄川へ行き、化石さがしをしました。

 

はじめに安全面での注意点を聞きます。

ライフジャケットを装着して、どんな化石が見つかるかのお話を聞き

いよいよ発掘場所へ移動…

ロープを掴みながら斜面を下りるだけで冒険感が満載!

おっかなびっくり、慎重に下りていきます。

 

川岸の岩石が黒や茶色くなっているところの周りをタガネとカナヅチを使って掘っていきます。

葉っぱや植物の茎の化石を見つけたよ!

岩石が割れやすいから、きれいに掘り出せたら嬉しいね。

滅多にできない化石堀りの体験ができました。

 

 

7/18 ぞうきんチクチクタイム

今回は下川町社会福祉協議会主催「つながるカフェ」とのコラボ企画です。

つながるカフェ参加者の皆さんに教えていただきながら、ぞうきんを縫いました。

裁縫が初めての子が多く、針に糸を通すのも縫っていくのも苦戦しています。

 

いつもは元気いっぱいな子ども達も、ぞうきんを縫うときは真剣に集中!

 

黙々と一針一針、ゆっくりと縫い進めて、全員縫い終わることができました。

 

最後は縫い上がったぞうきんを持って、つながるカフェ参加者の方と一緒に記念撮影!

つながるカフェ参加者の方からは「かわいいねぇ」「楽しいね」という声が聞こえてきました。

教えていただいたみなさん、ありがとうございました!

 

7/25 町外バス遠足

下川町を飛び出して、紋別市にある北海道立オホーツク流氷公園へバス遠足に行きました。

行きのバスでは海が見えると「わぁ〜!」と声が上がっていました。

紋別は晴れ間がのぞいて気温も高く、ちょっと蒸し蒸し。

オホーツクらしくないお天気ですが、公園に着いたら全力で遊んでいます!

足ツボを刺激しても全然痛くないよという小学生

対して、痛がってなかなか前に進めない代表…笑

こちらの竪穴式住居風のアスレチックはオホーツク文化を意識しているようです。

 

屋内には木の遊具がたくさんあります。

卓球台もありました。

お昼は敷物を敷いて芝生の上でお弁当を食べました。

ごはんの後は集合時間まで遊びます。

ボールを借りてきてハンドボール

登って滑ってを何回も繰り返しています。

最後はみんなで集合写真

 

一日めいっぱい遊んで、楽しく過ごしました。

また一緒に遊ぼうね!

 

(ながお)