町まで歩いて10分、みくわヶ丘の森まで5分。キッチンで自炊ができ、色々な設備も整っている独立したコテージなので、1泊でも長期でも、周りを気にせずゆっくりと過ごせます。

もっと詳しく

顔の見える「野菜」があるように、顔の見える「木材」があってもいい。
顔の見える範囲で、有効活用されていなかった下川産広葉樹の活用に取り組んでいます。「しもかわ広葉樹」の産地直売所として、乾燥済み木材と、オーダーメイド天板をお届けしています。

もっと詳しく

しもかわ広葉樹 / オーダーメイドテーブル ふるさと納税の返礼品に!

有効活用されずにチップにされてしまうことが多い下川産木材を最大限活かしたい、という想いから生まれた「しもかわ広葉樹」。 ...

続きを読む

森の生活だより

季節のもりさんぽ

昨日、初夏のような陽気が続く下川の森でお客様とご一緒に「季節のもりさんぽ」をしました。

 

 

20度を超える気温が続き、周辺の雪はほとんど融けていました。

地面からは新芽、枝先からは若葉が出はじめた森の中を動植物や林業の話をしながらゆったりと歩きました。

 

 

その後、渓和森林公園にある「2000年の森展望台」からは、木の種類や生長段階が異なる樹々が見せる様々な色や模様を一望でき、まるで森のパッチワークのような景色を楽しむことができました。

 

 

例えば、若い樹々が見せる淡い黄緑のグラデーションもとても綺麗でした。

この樹々たちも季節ごとにまた違った顔を見せてくれると思うと今から楽しみです。

 

 

 

 

 

藤原 佑輔 (ふじわら ゆうすけ)

北海道札幌市出身。大学卒業後、書店員、公務員勤務を経て、2017年4月に下川に移住。より自然が身近にある暮らしを求めてやってきました。下川町民としてはまだ駆け出しの身。人や自然の新たな魅力を発見する毎日を楽しんでいます。