自然を楽しむことはもちろん、木材やエッセンシャルオイルなどが生まれた森のなかで、それらが実際に生まれる過程を体験してみませんか。

もっと詳しく



町まで歩いて10分、みくわヶ丘の森まで5分くらい。人と森、人と町、人と人との距離感がほどよく、ゆったりと過ごすことができます。自炊のできる設備の整った独立したコテージなので、思い思いの過ごし方でご利用いただいています。

もっと詳しく



農作物の産地直売所と同じように、森の直売所があってもいいじゃないかという想いから、下川の森から生まれた製品を、オンラインショップを通じてお届けします。
下川の森を、ご自宅で感じてください。

もっと詳しく

名寄大学自然保育実践演習でした!

5月23日(水)、名寄大学社会保育学科のみなさんを対象にした、「自然保育実践演習」の2コマを担当させていただきました。 ...

続きを読む

森の生活だより

秋のみくわミーティングで美桑が丘の整備&やりたいことなどを意見交換しました

10月28日(土)は「秋のみくわミーティング」を開催し、今後の美桑が丘の整備や美桑が丘で取り組みたいことなど、美桑が丘をよりよい場にするための意見交換を行いました。

 

 

そして、意見交換の結果、森の笹を刈って若い木や草花が成長しやすい環境を整えること、その作業に今年も大活躍してくれた道産子馬ハナちゃんに林内放牧という形で協力してもらうこと、新たなエリアをつくること、池を清掃すること、キノコ栽培を兼ねてミズナラを切ること、よりわかりやすい案内表示をすることなどなど、様々な取組を実施に向けて調整していくこととなりました。笹を刈ったり、木を切ることでどんな植生の変化が起こるのか楽しみです♪

美桑が丘は、利用者と一緒に場づくりをしています。興味関心のある方はどなたでも活動や運営について定期ミーティング(春と秋の年2回開催)に参加して話し合うことができます。

ぜひ、みなさんの生活の中で美桑が丘を活用していただき、場づくりにもご参加ください!

藤原 佑輔 (ふじわら ゆうすけ)

北海道札幌市出身。大学卒業後、書店員、公務員勤務を経て、2017年4月に下川に移住。より自然が身近にある暮らしを求めてやってきました。下川町民としてはまだ駆け出しの身。人や自然の新たな魅力を発見する毎日を楽しんでいます。