町まで歩いて10分、みくわヶ丘の森まで5分。キッチンで自炊ができ、色々な設備も整っている独立したコテージなので、1泊でも長期でも、周りを気にせずゆっくりと過ごせます。

もっと詳しく

顔の見える「野菜」があるように、顔の見える「木材」があってもいい。
顔の見える範囲で、有効活用されていなかった下川産広葉樹の活用に取り組んでいます。「しもかわ広葉樹」の産地直売所として、乾燥済み木材と、オーダーメイド天板をお届けしています。

もっと詳しく

年末のご挨拶 & 北海道社会貢献賞を受賞しました!

今年も、大きなケガや事故なく、無事に活動することができました。多岐にわたる活動に協力してくださったみなさんに、心から感謝...

続きを読む

森の生活だより

薪を割りました!

今日は、先日完成した薪小屋に納めるための薪を作るべく、みくわクラブの方々や急遽参加してくださったみなさんと一緒に薪割りをしました。

硬い節に苦戦しながらも、たまにある「パッカーン!」と割れる気持ち良さを求め、次々と丸太をさばいていきました。

 

お昼は、暖かい焚き火を囲んでのランチです。
丸太との戦いで疲れた心と体を具だくさんの豚汁と炊きたてのご飯で癒しました。

 

 

そして、後半戦。

疲れては来たものの、斧の使い方に慣れて来たこともあって順調に作業は進み・・・

ついに薪割り完了!詰めてみると予想以上の収納力です。

職場見学のなかで丸太運びにご協力いただいた北海道旭川農業高校森林化学科の皆さんをはじめ、薪割りにご協力いただいた皆さん、大変お疲れ様でした & ありがとうございました!

 

 

 

 

藤原 佑輔 (ふじわら ゆうすけ)

北海道札幌市出身。大学卒業後、書店員、公務員勤務を経て、2017年4月に下川に移住。より自然が身近にある暮らしを求めてやってきました。下川町民としてはまだ駆け出しの身。人や自然の新たな魅力を発見する毎日を楽しんでいます。