自然を楽しむことはもちろん、木材やエッセンシャルオイルなどが生まれた森のなかで、それらが実際に生まれる過程を体験してみませんか。

もっと詳しく

町まで歩いて10分、みくわヶ丘の森まで5分。キッチンで自炊ができ、色々な設備も整っている独立したコテージなので、1泊でも長期でも、周りを気にせずゆっくりと過ごせます。

もっと詳しく

農作物の産地直売所と同じように、森の直売所があってもいいじゃないかという想いから、下川の森から生まれた製品を、オンラインショップを通じてお届けします。
下川の森を、ご自宅で感じてください。

もっと詳しく

下川の子どもたちが横浜市戸塚区を訪れました

8月1日〜3日の3日間、下川町の子どもたち(下川小学校6年生6名)が神奈川県横浜市戸塚区を訪れ、現地の子どもたちと交流し...

続きを読む

森の生活だより

美桑が丘の北斜面に…

久しぶりに晴れて穏やかな日となった今日、美桑が丘の北斜面では、何やら不思議な動きをする人々が…

登山訓練のようにも見えますが… 
実は来週から美桑が丘にやってくるドサンコはなちゃんの滞在場所に電柵を張っているところなのです。

作業しているのは、美桑が丘の活動団体「22世紀コミュニティ研究会」の皆さんです。
木々の間を通して、簡単に人が触れられないように配慮して電柵を張ってくれています。

この場所は、ちょうどヨックルの向かい側になります。
実は、ヨックルから右側の並木道の間を通ってくると美桑が丘にたどり着けるのです。

ここが、その並木道。

ヨックルから美桑が丘までのこの道を「みくわの小道」と呼んでいます。
初めての人は、本当にたどり着けるのかしら…と、ちょっとドキドキするこの道ですが、隠れた下川の名所だと思います。
普段のお散歩にもオススメですよ。

こちらはヨックル側から見た美桑が丘。
ちょっとわかりにくですが、画像の中央あたりが電柵を張っている場所になります。

ドサンコはなちゃんは、来週から1ヶ月ほど美桑が丘に滞在する予定です。
ヨックルに宿泊される方も、みくわの小道を通って、ぜひはなちゃんに会いに行ってみてくださいね。