自然を楽しむことはもちろん、木材やエッセンシャルオイルなどが生まれた森のなかで、それらが実際に生まれる過程を体験してみませんか。

もっと詳しく

町まで歩いて10分、みくわヶ丘の森まで5分。キッチンで自炊ができ、色々な設備も整っている独立したコテージなので、1泊でも長期でも、周りを気にせずゆっくりと過ごせます。

もっと詳しく

顔の見える「野菜」があるように、顔の見える「木材」があってもいい。
顔の見える範囲で、有効活用されていなかった下川産広葉樹の活用に取り組んでいます。「しもかわ広葉樹」の産地直売所として、乾燥済み木材と、オーダーメイド天板をお届けしています。

もっと詳しく

7/31-8/2 子ども交流事業で横浜市戸塚区を訪問しました!

下川小学校6年生の児童6名が、子ども交流事業で横浜市戸塚区を訪問しました。 1日目 朝6時前に役場前を出発し、飛行機で羽...

続きを読む

森の生活だより

7/30 もりさんぽ✨森の万華鏡づくりを開催しました!

今年度第3回目となるもりさんぽ「森の万華鏡づくり」を開催しました。

今回は旭川北彩都ガーデンからガーデナーさんを講師としてお迎えしました。

まずはみくわが丘で素材採取です。
色とりどりの野の花がたくさん咲いています。

お花だけではなく葉っぱや種子なども採取し、公民館へ戻って作業開始です。

まずは万華鏡の本体を組み立てます。

次に先ほど採取してきた素材を試験管に詰めて、グリセリンを注いで蓋をします。

そして本体の穴に入れて覗き穴から覗いてみると・・・

不思議な模様が広がります。

それぞれ詰めた素材が違うので、個性的な万華鏡が出来上がりました。
動画はこちら↓

IMG_3083

今回は夏休み中ということであっという間に定員に達してしまいましたが、使った材料はドラッグストアやネットなどでも買えるので、身近な植物を使ってご自宅でも作ってみてはいかがでしょうか?

(ながお)