自然を楽しむことはもちろん、木材やエッセンシャルオイルなどが生まれた森のなかで、それらが実際に生まれる過程を体験してみませんか。

もっと詳しく

町まで歩いて10分、みくわヶ丘の森まで5分。キッチンで自炊ができ、色々な設備も整っている独立したコテージなので、1泊でも長期でも、周りを気にせずゆっくりと過ごせます。

もっと詳しく

顔の見える「野菜」があるように、顔の見える「木材」があってもいい。
顔の見える範囲で、有効活用されていなかった下川産広葉樹の活用に取り組んでいます。「しもかわ広葉樹」の産地直売所として、乾燥済み木材と、オーダーメイド天板をお届けしています。

もっと詳しく

森のあそび「春のおさんぽ」 認定こども園の子ども達がみくわが丘にお散歩に来ました

森の生活では下川町からの業務委託を受けて、認定こども園から高校生までの15年間に渡り森林環境教育を実施しています。 4月...

続きを読む

森の生活だより

北海道大学の留学生に森を案内したところ…

昨日、授業の一環で下川に来てくれた北海道大学の留学生17名に雨の森を案内しました。

その際、幼児センターの森のあそびでフキを傘にして遊ぶ子がいたことを話したところ、数時間後さっそく実践しているのを発見しました。

穴だらけで雨漏りが心配ですが、森を活かした暮らしが広まったようで何よりです(笑)

 

藤原 佑輔 (ふじわら ゆうすけ)

北海道札幌市出身。大学卒業後、書店員、公務員勤務を経て、2017年4月に下川に移住。より自然が身近にある暮らしを求めてやってきました。人や自然の新たな魅力を発見する毎日を楽しんでいます。