町まで歩いて10分、みくわヶ丘の森まで5分。キッチンで自炊ができ、色々な設備も整っている独立したコテージなので、1泊でも長期でも、周りを気にせずゆっくりと過ごせます。

もっと詳しく

農作物の産地直売所と同じように、森の直売所があってもいいじゃないかという想いから、下川の森から生まれた製品を、オンラインショップを通じてお届けします。
下川の森を、ご自宅で感じてください。

もっと詳しく

下川の子どもたちが横浜市戸塚区を訪れました

8月1日〜3日の3日間、下川町の子どもたち(下川小学校6年生6名)が神奈川県横浜市戸塚区を訪れ、現地の子どもたちと交流し...

続きを読む

森の生活だより

下川商業高校×士別翔雲高校キャンパス交流で林業体験やグループワークを行いました

10月11日(水)、下川商業高校と士別翔雲高校の1年生の総勢61名によるキャンパス交流を行いました。

 

下川町林業体験バスツアーに参加し、日当たりや湿度の改善と節の少ない材にするための「枝打ち」という地面に近い方の枝を切る作業をアカエゾマツの森に入り行いました。

 

 

最初は思うように使えなかった手のこですが、森林管理署の方にコツを教えてもらうなどして徐々に上手くなっていきました。

肌寒い朝でしたが、ところどころに赤や黄色に色づいた葉っぱやツルウメモドキの実があり、秋を体感しながらの作業となりました。

 

 

続いては、伐採された木が活用されている例として、バイオマスボイラーやボイラー用のチップを製造する施設、おが粉を菌床にしてシイタケを栽培している施設、植樹用のコンテナ苗を育成する施設を見学し、下川町が木を様々な形で活用していることを学びました。

 

 

そして、両校の生徒を混ぜて班を作り、一緒にテーブルを囲んで昼食を食べた後、最後に、木を使った商品について考えるグループワークを行いました。身の回りの木の商品を思い出し、こんな改良ができないか、こんな販売方法はどうかなどを班ごとにアイデアを考え、みんなで発表・意見交換をしました。

 

ある班は「木炭」について考え、星型☆にする、香りを付ける、簡単に火がつけられるようにするなど、とても面白いアイデアを出していました。もしかすると将来ホームセンターでフローラルな香り付きの木炭や虫が嫌がる天然香り成分が出る木炭などが登場するかも!?

 

来年、下川商業高校2年生になると商品開発の授業があり、自分たちで木製品を作ります。どんなアイデアが出てくるのか、今から楽しみです。

 

 

 

 

藤原 佑輔 (ふじわら ゆうすけ)

北海道札幌市出身。大学卒業後、書店員、公務員勤務を経て、2017年4月に下川に移住。より自然が身近にある暮らしを求めてやってきました。下川町民としてはまだ駆け出しの身。人や自然の新たな魅力を発見する毎日を楽しんでいます。