自然を楽しむことはもちろん、木材やエッセンシャルオイルなどが生まれた森のなかで、それらが実際に生まれる過程を体験してみませんか。

もっと詳しく

町まで歩いて10分、みくわヶ丘の森まで5分。キッチンで自炊ができ、色々な設備も整っている独立したコテージなので、1泊でも長期でも、周りを気にせずゆっくりと過ごせます。

もっと詳しく

顔の見える「野菜」があるように、顔の見える「木材」があってもいい。
顔の見える範囲で、有効活用されていなかった下川産広葉樹の活用に取り組んでいます。「しもかわ広葉樹」の産地直売所として、乾燥済み木材と、オーダーメイド天板をお届けしています。

もっと詳しく

10/8 森のあそび・秋のさんぽを実施しました!

森の生活では下川町からの委託を受け、下川町オリジナルの教育プログラム「森林環境教育」を実施しています。 森林環境教育では...

続きを読む

森の生活だより

森のあそび「秋の遠足」

今日の森のあそびでは、青空広がる安原公園に出かけて、みんなで秋を見つけました。

一見、自然が少なそうな公園の中にも足元や植物をじっくり見てみると、面白いものがたくさんありました。

 

 

「先生見て見てー!」と、見つけたものを次々持って来てくれます。

赤や黄色に色づいたサクラの葉っぱ、ナナカマドの実、テントウムシの幼虫、アマガエル、シラカバの種、プロペラみたいに飛ぶカエデやヤチダモの種などなど…

「ふじさ〜ん!(僕のあだ名です) この木の皮ダンボールみたい」

見ると、イチイの木の樹皮が縮れて、本当にしわが寄ったダンボールみたいです。

みんなよく見てるなぁ。

 

 

最後にみんなで黄色い落ち葉を探してもらい、一番黄色い人が勝ちというルールで「落ち葉じゃんけん」をしましたが、どれも甲乙付けがたい見事な黄色で勝負はつきませんでした。

 

 

お別れの前になんと道産子馬のハナちゃんが遊びに来てくれました!

「ハナちゃんはいくつ?」

「くるみさんやさくらんぼさんと同じ5歳だよ」

「私とおんなじなのにぜんぜん大きい…」

と、驚いた様子(笑)

今度、9月3日(日)の「みくわの日」ではハナちゃんに乗馬もできるからよかったら来てみてね♪

 

 

今回は夏から秋への移り変わりを感じた森のあそびでしたが、次回9月21日(木)はみんなで集めた落ち葉を使って焼き芋を作り、本格的な秋を感じる(味わう)予定です。みんなたくさん落ち葉を集めておいてね。

 

        藤原 佑輔 (ふじわら ゆうすけ)

北海道札幌市出身。大学卒業後、書店員、公務員勤務を経て、2017年4月に下川に移住。より自然が身近にある暮らしを求めてやってきました。下川町民としてはまだ駆け出しの身。人や自然の新たな魅力を発見する毎日を楽しんでいます。