自然を楽しむことはもちろん、木材やエッセンシャルオイルなどが生まれた森のなかで、それらが実際に生まれる過程を体験してみませんか。

もっと詳しく

町まで歩いて10分、みくわヶ丘の森まで5分。キッチンで自炊ができ、色々な設備も整っている独立したコテージなので、1泊でも長期でも、周りを気にせずゆっくりと過ごせます。

もっと詳しく

顔の見える「野菜」があるように、顔の見える「木材」があってもいい。
顔の見える範囲で、有効活用されていなかった下川産広葉樹の活用に取り組んでいます。「しもかわ広葉樹」の産地直売所として、乾燥済み木材と、オーダーメイド天板をお届けしています。

もっと詳しく

下川中学校1年生の森林環境学習

下川中学校1年生に、6月中旬から7月上旬にかけて複数回に分けて森林環境学習を行いました。 学習テーマは「下川町の林産業の...

続きを読む

森の生活だより

森のあそび「親子遠足」

今日は幼児センター・森のあそびの親子遠足。

スペシャルゲストの道産子はなちゃんとふれあったり、

せせらぎに浮かぶアメンボを観察したり、

ヒメリンゴのお花のにおいをかいだり、さわったり、

子どもたちと保護者の方々、総勢100人ほどが参加し、身のまわりの自然にふれて楽しみました。

雨がぽつぽつ降り出したため、外での活動は早目に切り上げ、その後幼児センターで去年の森のあそびのスライドショー上映会。

子どもたちが創意工夫であそびを作り出したり、自分たちでルールを作り出したり、屋内とは違う森の複雑な地形を走り回ることでたくましい体づくりにつながることなど、普段の森のあそびの様子やそこで培っているものを保護者のみなさまにもお見せすることができ、貴重なよい機会となりました。

佐藤 咲子 (さとう さきこ)

宮城県白石市出身。 大学卒業後、宮城県で小学校、東京でデザイン事務所、フィンランドでホテルなどに勤務。森のある暮らしを求めて2013年に下川に移住。移住後は、森でリスやモモンガの撮影をしたり、森から樹皮を採ってきて白樺のカゴを編んだり、森のめぐみをいただく生活を楽しんでいます。