町まで歩いて10分、みくわヶ丘の森まで5分。キッチンで自炊ができ、色々な設備も整っている独立したコテージなので、1泊でも長期でも、周りを気にせずゆっくりと過ごせます。

もっと詳しく

顔の見える「野菜」があるように、顔の見える「木材」があってもいい。
顔の見える範囲で、有効活用されていなかった下川産広葉樹の活用に取り組んでいます。「しもかわ広葉樹」の産地直売所として、乾燥済み木材と、オーダーメイド天板をお届けしています。

もっと詳しく

年末のご挨拶 & 北海道社会貢献賞を受賞しました!

今年も、大きなケガや事故なく、無事に活動することができました。多岐にわたる活動に協力してくださったみなさんに、心から感謝...

続きを読む

森の生活だより

ふきのとうの季節

雪融けが進むと、いたるところから蕗の薹が顔を出し始めます。
天ぷらや蕗味噌のほろ苦い春の味覚を感じたくて、ついつい手が伸びてしまいます。
 
いただくなら、花の開いたものよりも、こんなふうにまだ蕾のものがおすすめです。

探してみると、なかなか無いんですよね。
 
フキにはオスの株とメスの株があって、花が終わると茎が高く伸びるものがメスで、小さくしぼんでしまうものがオス。
(アイヌの人々は、高く伸びるのがオスで、しぼむのがメスと、逆に捉えていたそうです。なんでだろう??)

新年度が始まり、森の生活に新しいメンバーも加わりました。
僕も心機一転して日々奮闘中ですが…花開いてもしぼんでしまわないように時々息抜きしながら頑張りたいと思います。

麻生翼
麻生 翼  (あそう つばさ)

愛知県名古屋市出身。大学時代に訪れた北海道の農山村に魅せられ、気づけば下川に流れ着いていました。下川は個性豊かな人々が多くとても面白い町です。のんびり田舎暮らしはどこへやら…な日々ですが、たまの休日は山菜採ったり渓流釣りしたり、ときどき狩猟したり、森の生活を満喫しています。代表です。