体験する

もりさんぽ 〜 クリスマスのスワッグ作り 〜

12月のもりさんぽは「クリスマスのスワッグ作り」をします。 スワッグとは「壁飾り」のことで、ヨーロッパではリースと並び魔除けや幸福を呼ぶために玄関や室内に飾る習慣があるそうです。いつものクリスマスにオリジナルの飾り付けをしてみませんか?

年7回、下川のいろんな森にバスで出かけて、みんなで森をあるきながら楽しむイベント「もりさんぽ」。

森の楽しみ方は時季によって様々!春は山菜採り、夏は虫捕り、秋は木の実やキノコ採り、冬はスノーシューなど、季節ごとの森の楽しみ方をガイドと一緒に体験してみませんか?

もりさんぽの年間スケジュールはこちら

※当イベントは下川町教育委員会が主催し、NPO法人 森の生活が企画・運営しています。

 開催日時

2017年 12月16日(土)  13:00〜16:00

場所

下川町公民館前(13:00集合 16:00解散)

体験の流れ

  1. 下川町公民館に集合
  2. バスで森へ出発!森を歩きモミの枝などの素材を採取
  3. 公民館に戻り、採取した素材でスワッグを作ります

目安の時間

3時間

料金

お一人様  1,000円(4歳〜小学生以下は600円)

※ 下川町民は無料となります。

※ 3歳以下のお子様は無料となります。

※ 定員20名

持ち物

防寒着、防寒靴(長靴またはスノーブーツ)、スワッグ持ち帰り用の袋

お持ち帰り頂けるもの

  • スワッグ

スタッフからのコメント

staff

のんびりゆったり散策するので、体力に自信のない方も心配いりません。健康にいいだけでなく、おいしいものやステキなものにも出会えます。これを機に身近な森が畑や遊び場に変わるかもしれません。ぜひこのもりさんぽで発見した森の恵みを日々の暮らしにも取り入れて楽しんでみてください!