NPO法人 森の生活

月別

【旭川】2/20 木育フォーラムinかみかわ

2017.01.23

2月20日旭川で開催される「木育フォーラムinかみかわ」に、森の生活の代表 麻生が登壇させていただきます。

「子供の頃から木を身近に使っていくことを通じて、人と、木や森との関わりを主体的に考えられる豊かな心を育む」木育の取組が、全道各地で広がりを見せる中、取組の一層の拡大と息の長い道民運動としての定着を図るため、平成28年3月に改正された「北海道森林づくり条例」に、木育の推進が規定されました。さらに、成熟期を迎えた本道の人工林資源を背景に、今年度、改定作業が進められている「北海道森林づくり基本計画」には、森林資源の循環利用とともに木育の推進が柱の一つに位置づけられています。
このような木育に対する理解を促進し、様々な立場の人が木育の理念に共感し、木育の取組を通じて、上川地域の豊かな森林を次代に引き継ぐ人材の養成や、森林資源を活用した持続可能な社会の実現を目指そうとする意識の醸成を図るため、「木育フォーラムinかみかわ」を開催します。

日 時 平成29年2月20日 13:30~15:30  (開場13:00)
会 場 上川合同庁舎 3階 講堂 (旭川市永山6条19丁目)
主 催 上川総合振興局  
協力機関 上川教育局、旭川周辺地域林業担い手確保推進協議会
対象者 一般道民、自治体関係者、林業・木材業界関係者、教育関係者 など
参加費 無料
 
プログラム
1 開会あいさつ
2 事例報告
 (1)下川町・地域ぐるみで森を活かす ~15年一環の森林環境教育の取組~
  NPO法人森の生活  麻生 翼氏  ※木育マイスター(第3期)
 (2)地域の木材を使う意識と選ぶ消費者を育てる木育
  株式会社 北海道ポットラック 前田あやの氏  ※木育マイスター(第5期)
3 参加者との意見交換・質疑応答
  コメンテーター  中瀬 亘氏(旭川周辺地域林業担い手確保推進協議会長、 当麻町森林組合長)
4 閉会
 
木育チラシ 2

【求人情報】森林体験事業スタッフ募集!

2017.01.16

 
森林体験事業のスタッフを募集しています。
  
求人情報をソーシャル・NPO・ベンチャー向け求人情報サイト DRIVEに掲載しましたので、ご関心のある方はぜひ下記よりお申込しみください。
(クリックするとサイトに移動します。)
 
logo 2
 
地域づくり×体験プログラム。「森と地域の案内人」を募集!
 
地域の森林、木材、人を活かし、体験を通じて地域の魅力を伝える仕事に関心のある方は、ぜひご一報ください。
 
ご応募を心よりお待ちしています。

1/22(日)公区取り組み発表会 + 他地域に学ぶ活動事例勉強会

2017.01.12

 
下川には、地域住民が主体となった魅力的な取り組みがたくさんありますが、同じ下川に住んでいても他の 公区の取り組みについてはなかなか知る機会がありません。そこで、取り組みを共有し、参考にし合うことで、 今後の地域活動を考えるきっかけになればと思います。全国各地で、住民が主役になるための地域活動のお手伝いをされている川北秀人さんを講師にお招きし、具体的な事例を交えながら、楽しく学びます。
 
【より良い公区づくりのための小規模多機能自治研修会 公区取り組み発表会 + 他地域に学ぶ活動事例勉強会】
 
日にち 2017年1月22日(日)
開演 13:00 (12:30受付開始・15:30終了予定)
会場 まちづくりセンター コモレビ (北海道上川郡下川町共栄町1番地1)
 
講師:川北 秀人 氏 (IIHOE [人と組織と地球のための国際研究所] 代表者)
1964年大阪生まれ。87年に(株)リクルートに入社し、広報や国際採用などを担当して 91年退社。その後、国際青年交流NGOの日本代表や国会議員の政策担当秘書など を務め、94年にIIHOE設立。NPO・市民団体と行政との協働の基盤づくりを進め、毎 年約60の自治体で、職員や市民との合同研修を担当。地域自治組織の先進地・島根 県雲南市の地域自主組織制度を立ち上げ当初から支援し、雲南市から地域自治組織 を学ぶ「雲南ゼミ」設立を呼びかけ、全国の自治体が住民自治のあり方を学んでいる。
 
ご参加をご希望の方は下記まで氏名・参加人数をご連絡ください。
なお、公区役員の方などで、すでにお申し込みの方につきましては改めてのお申し込みは不要です。
 
受付・お問い合わせ NPO法人 森の生活
TEL: 01655-4-2606 FAX:01655-6-7007
E-mai:l info★morinoseikatsu.org(★→@)
 
チラシ (クリックすると拡大します。)
チラシ:公区取り組み発表会_送付用