NPO法人 森の生活

月別

満月の夜の森あるき ムーンウォーク のお知らせ

2014.11.22

スノーシュー(西洋カンジキ)を履いて、 夜の森を歩きませんか?
毎年好評の、夜の森を月の癒しとリズムを感じながら歩く「ムーンウォーク」を、今年も実施いたします。
 
月明かりに照らされた木々。
音もなく降り積もる雪屑。
静寂の中で、今まであなたが見たことのない森にきっと出会えるでしょう。
 
下川の森で、みなさまのご参加を心よりお待ちしております。
 
IMGP2195IMGP2191②

※事前にご予約が必要です。 
※当日はホットドリンクをご用意しています。
 
【日程】
2015年1月5日(月)19:00集合
    2月4日(水)19:00集合
    3月6日(金)19:00集合
 
【集合場所】
下川町五味温泉奥の駐車場(下川町班渓2893番地)
 
【開催場所】
下川町五味温泉体験の森
 
【解散時刻】
20時30分解散予定
※五味温泉は22:00まで営業。
 
【定員】
15名(定員になり次第〆切とさせて頂きます。)
 
【参加費】
1,000円 ※スノーシュー(西洋カンジキ)持参の方は800円
 
【持ち物】
防寒着、防寒靴(長靴)、保険証、飲み物、マイカップ
 
【ご予約・お問い合わせ先】
申し込みはこちらから
E-mail:info★morinoseikatsu.org(★を@に変換願います。)
NPO法人森の生活[担当:富永]
01655-4-2606 (平日9:00~17:00)

11/22 みくわの日「焚き火な1日」のお知らせ

2014.11.18

下川町の市街地から徒歩10分程度の所に「美桑が丘」という森があります。ここは、利用者のみんなで活動内容や運営方法を一緒に話し合いながら「みんなでつくるみんなのための場づくり」を行っています。
その1つとして、毎月1度美桑が丘で誰でも楽しいことができる「みくわの日」を開催しています。
 
今回のテーマは「焚き火な1日」。
焚き火を囲んでのんびり過ごしたり、焼きたい食べ物を焼いたりしながら、美桑が丘で自由に過ごせる1日です。当日は大人喫茶として焚き火焙煎コーヒーを1杯100円でご提供いたします。多くの方のご参加をお待ちしています。
 
ワードプレス用写真3

ワードプレス用写真

 
【イベント詳細】
日 時:2014年11月22日(土)10:00〜15:00 ※悪天候中止
場 所:美桑が丘(〒098-1204 下川町南町477番地)
参加費:無料
持ち物:マイカップ、飲み物、お弁当(必要な方のみ)、焚き火で焼きたい食べ物
服そう:長袖長ズボン、帽子、軍手、長靴 ※防寒着などの暖かい服装でお越し下さい。

 

【プログラム】
・焚き火 10:00〜
お話したり食べ物を焼いたり、火を囲んでのんびりと過ごせます。
・大人喫茶
焚き火で焙煎した手づくりコーヒーを1杯100円でご提供いたします。※売り切れ次第終了

・片付け 14:30〜

 

【冒険あそび場のコンセプトを大切にしています】
冒険あそび場は遊びをつくる「あそび場」です。次の3つのことを大切にしています。
①だれでも遊べる野外の遊び場
②遊びを見守る大人がいる
③地域に根づいた運営

冒険あそび場は子どもたちの「やりたい」気持ちを大切にし、禁止事項をなるべく少なくしたあそび場です。ダメなこと・あぶないことは、遊ぶみんなが判断することを大切にしています。”これが冒険あそび場”というきまりはなく、子どもが毎日思いっきり遊べる場所を我が町につくろう!という大人の想いが大切です。
このあそび場は地域の大人が知恵を出しあいみんなで運営していくことを目指しています。大人のみなさんもゆったりくつろいで、おしゃべりしながらできることをお手伝いしてください。大人も遊びを楽しみながら子どもの遊びを見守り、みんなで楽しいひとときを過ごせる場をつくっていきましょう。(※特定非営利活動法人 日本冒険遊び場づくり協会の取り組みを参考にしています)

 

【お問い合わせ先】
NPO法人 森の生活
TEL / FAX:01655-4-2606
e-mail:info★forest-life.org [★を@に変換ください]
担当:富永 紘光
 
※チラシはこちら
1122【A3】

 

12/6(土)【札幌】きたネットフォーラム2014 のご案内

2014.11.05

 
12月6日(土)開催のきたネットフォーラム2014「命の力はぐくむ 〜北海道の環境教育、これまで・これから〜」に、森の生活 代表 麻生がパネリストとして参加させて頂きます。ぜひご参加ください。
 
2014年のきたネットフォーラムは、高木晴光氏をコーディネーターにお迎えして、自然体験型環境教育の歩みと成果を振返るとともに、豊かな環境を未来につなげ、 災害にも対処できる「どうにかする力~生きる力」を持つ人づくりをこれからの課題として、目標実現の手法を探るディスカッションやワークショップを行います。また、2014年3月に策定された「北海道環境教育等行動計画」を取上げ、NPOや市民がどう参画するかをディスカッションします。
 
●日時:2014年12月6日(土) 10:00~17:15  9:40開場
●会場:札幌市教育文化会館 305号室
 (札幌市中央区北1条西13丁目 電話 011-271-5821)地下鉄東西線「西11丁目駅」徒歩5分
●参加費 きたネット会員/1000円・一般/1300円(交流会参加費は別途)
 
+ 詳細はこちら +
 
■プログラム■
 
10:00~ 開会式
 
10:15~11:10
【Program1】基調講演「DSR=どうにかする力 
 ~自然を体験する中で、人は何を感じ、何を身につけていくのか~」
 高木 晴光 氏 (NPO法人ねおす 理事長)
 
自分を取り巻く社会環境の中で、いいこと、悪いことを直感的に感じ、それを客観的に分析把握し、その先に起こることを洞察する。次に何をすべきか、ベストな方法を考え、その場をベターにすべく、次の行動をとる。それが、イキル力、ドウニカスル力、すなわち「DSR」。この力を子どもはもちろん、若者も年寄りも自然の中で養い続けることが大事です。
 
11:15~12:15
【Program2】パネルディスカッション
 私たちは何を伝えてきたのか、今、伝えなければいけないものは何か
 
「キョウイク」という言葉には何か堅苦しいイメージが付きまといます。また、「カンキョウ」というと人それぞれが意識するその範囲や関係性が異 なりますが、ここでは「北海道」という自然環境と人々の暮らし方に焦点を当てながら、世界に発信できるような北海道型環境教育のあり方について考 えます。また、2011年3月11日の後「ふくしまキッズ」に関わったパネリストの方には、北海道の自然が福島の子どもたちにどんな役割をはたし ているかについてもお話いただきます。
 
 コーディネーター 高木 晴光 氏
 パネリスト
  能條 歩 氏(北海道教育大学岩見沢校 教授)
  麻生 翼 氏(NPO法人森の生活 代表)
  草野 竹史 氏(NPO法人ezorock 代表理事)
  坂本 純科 氏(NPO法人北海道エコビレッジ推進プロジェクト 代表理事)
 
13:15~13:45
【Program3-1】TALKIG TIME!!
 (活動や環境教育について、3つのブースで自由に語っていただきます。)
   能條 歩 氏 草野 竹史 氏 麻生 翼 氏
 
13:50~15:10
【Program4】北海道の環境教育、「産官学民」の連携をどう進めていくのか
 共催 北海道環境教育等推進協議会/北海道
 
2014年3月に策定された「北海道環境教育等行動計画」は、環境を保全する人づくりを、産官学民の多様な主体の協働取組によって推進していくことが大きな柱となっています。本計画の目標実現のために、NPOや市民がどう参画し、どんな役割を担うのか、どんなプラットホームが必要なのか、といったポイントについてディスカッションします。
 
○北海道環境教育等行動計画について
 北海道環境生活部環境局環境推進課 主幹 今村 嘉幸 氏
 
○ディスカッション 
 座長 山中 康裕 氏(北海道大学院地球環境 教授 北海道環境教育等推進協議会委員長)
 パネリスト 
  田中 住幸 氏(NPO法人あそベンチャースクール代表理事 同協議会委員)
  名内 隆 氏(栗山町教育委員会 社会教育グループ主査 同協議会委員)
  内山 到 氏(公益財団法人 北海道環境財団協働推進課長 同協議会委員)
  後藤 菜摘子 氏(手稲さと川探検隊 事務局長)
 コメンテータ― 能條 歩氏(同協議会副委員長)・同協議会委員のみなさん
 進行 宮本 尚(きたネット 常務理事 同協議会委員)
 
15:15~15:45
【Program3-2】TALKIG TIME!!
  山中 康裕 氏 田中 住幸 氏 後藤 菜摘子 氏
 
16:00~17:00
【Program5】ワークショップ「自然と人の力でつくる未来」
 
立場やシゴト、地域、暮らし方が異なる参加者同士がその特徴を生かしながら連携・協働してできる、北海道・自然体験型環境教育プログラムの新し い種を見つけましょう。
 
 冒頭発言・ファシリテータ― 高木 晴光 氏 
 進行アシスタント 草野 竹史・宮本 尚
 
17:00~17:15 閉会式
 
18:00~交流会(会場未定・実費 どなたでも参加できます)
 
■12月3日までにFAXまたは郵送、E-mailで「きたネット事務局」へお申込みください。
■お問合わせ・お申込み先
 認定NPO法人北海道市民環境ネットワーク「きたネット」
 Tel. 011-215-0148 Fax. 011-215-0149 E-mail. office@kitanet.org
 「きたネットWeb」http://kitanet.org/

■主催/認定NPO法人北海道市民環境ネットワーク 
   一般財団法人セブン-イレブン記念財団
■共催/北海道環境教育等行動計画策定協議会/北海道/
  環境中間支援会議・北海道
   環境省北海道環境パートナーシップオフィス 
   公益財団法人北海道環境財団
   札幌市環境プラザ(指定管理者:公益財団法人さっぽろ青少年女性活動協会)
   認定NPO法人北海道市民環境ネットワーク
■後援/環境省北海道地方環境事務所 札幌市 公益財団法人北海道新聞野生生物基金
 
・・・・・・
メールやメッセージでの参加お申し込みは下記のフォーマットをご利用ください
メールアドレス:office@kitanet.org
——————————————————-
12/6きたネットフォーラムに参加します。
参加者氏名
ご住所 
TEL
FAX
メールアドレス
<参加希望プログラム>
【午前】基調講演・パネルディスカッション:参加/不参加
【午後】環境教育等行動計画・TALKING TIME!!・ワークショップ:参加/不参加
【交流会】(会費・会場未定):参加/不参加
 
kitanet-forumA kitanet-forumB