NPO法人 森の生活

月別

教育機関の皆様向け一覧

1/12 横浜×下川子ども交流ツアー3日目

2015.01.23

インターンの宮塚です。
「横浜×下川子ども交流ツアー in 北海道上川郡下川町」、最終日3日目のレポートをお届けします。
 
楽しい時間だからこそ早く過ぎ去るものですね。
最終日は午前中に、三日間の「ふりかえりワークショップ」を行いました。
子どもたちが3つのグループに分かれ、「①夏の横浜、冬の下川を体験して感じたこと、3つ」と、「②この体験を将来どう生かしたい?アイデア、2つ」を話し合いました。②の質問がすこし難しかったようですが、アイデアを紙に書き出した後、各グループがみんなの前で発表しました。
 
それぞれの質問の答えをまとめると、主にこのようになりました。
 
① 夏の横浜、冬の下川を体験して感じたこと、3つ
・ 下川町は自然が多く、空気もおいしく、雪もさらさらしていて横浜と違った
・ 初めてのスキー体験でも横浜の子どもがすぐに慣れていてすごい
・ 下川産の材料を使って作られたものが多かったことがよかった(学校の建物、料理など)
 
② この体験を将来どう生かしたい?アイデア、2つ
・ 横浜の子どもにも雪遊びやスキーの楽しさを伝え、スキー体験をたくさんしてほしい
・ シイタケ狩りツアーを企画して横浜の子どもを下川町に連れてきたい
 
たくさん考えて、感じたことを元気に発表してくれた姿が印象的で、見ていたこちらも嬉しくなりました!引率の大人たちもそれぞれの感想を発表し、子どもたちが笑顔いっぱいに仲良く過ごすことができたことに安堵し嬉しく思うことや、大人自身も多くの体験を通じて充実した時間となったことが共有して聞かれました。
 
最後に集合写真を撮って、横浜と下川それぞれの子どもたちが帰宅の途に就き、三日間の交流ツアーが無事終了しました。
 
DSC_0292

DSC_0284

DSC_0281
 
 
 
 
 
 
 
子どもたちには、横浜と下川のまちの特性を生かしたこのプログラムでの体験を通じて、自分たちのまちの良さを改めて発見し、誇りを持ち、この体験を将来生かすことのできる時が来るといいなと願っています。私自身もこのプログラムを皆さんとご一緒し、たくさんの楽しく素敵な思い出ができたことにとても感謝しています。
 
参加者と協力者の皆さん、楽しく思い出深い三日間、どうもありがとうございました!
 
(インターン:みやつか)

1/11 横浜×下川子ども交流ツアー2日目

2015.01.23

インターンの宮塚です。
「横浜×下川子ども交流ツアー in 北海道上川郡下川町」、2日目のレポートをお届けします。
 
スキー体験
この日最初のイベントは、町内にある下川スキー場でのスキー体験です!今回、ボランティアで子どもたちをご指導して下さったのは、スキーのベテラン、下川町の押田さんと佐原さんです。子どもたち一人一人にぴったりのシューズとスキー板を合わせてもらい、ゲレンデでスキーを履いて歩く練習を開始!スキーに慣れている下川町の子どもと横浜の子どもがペアを組んで助け合いながら練習をしました。おかげで、最初はゲレンデを歩いて登ることも難しかった子も徐々に慣れ、中には難しいロープリフトにも一人で乗れるようになった子や、小さなジャンプ台に挑戦する子まで!楽しい時間があっという間に過ぎ、もっと滑りたい気持ちをちょっぴりがまんして、体験が無事終了しました。丁寧にご指導いただいた押田さん、佐原さん、どうもありがとうございました!
 
DSC_0196

DSC_0185

DSC_0190
 
 
 
 
 
  
 

雪中運動会
町の交流・イベント施設のガーデニング・フォレスト「フレペ」で今日もおいしい昼食をいただいた後、森の生活の事務所がある「美桑が丘」で、前日から持ち越しになった、お待ちかね、雪中運動会!午前中のスキーで体力を使い果たしたと思いきや、みんなソリ滑りで大はしゃぎ。女の子たちは上手に大きなかまくらを作りました。運動会では男女対抗リレーと、ソリ滑りで距離を競いました。結果は仲良く引き分け!焚火でみんなでマシュマロを焼いて食べたのもおいしかったです。
  
DSC_0229

DSC_0245

DSC_0247
 
 
 
 
 
  
 
元気にたくさん体を動かした後のお楽しみは、夕食のピザ作り。エコハウスみくわに、一の橋協力隊の宮川さん、今井さん、飯塚さんにお越しいただき、子どもたちにピザ作りを教えてくださいました。チームに分かれて、生地をこねて、棒で伸ばして、トッピングをして、形もそれぞれ違うピザを楽しく作りました。オーブンで焼きあがったピザは、もっちもちで最高にうまい!用意して下さった手作りカレーライスとともに、みんな「おいしい!」と大満足でした。下川町産の材料で作ったことも、もっとおいしく感じた理由ですね! 
 
DSC_0269

DSC_0273

DSC_0266

 
 
 
 
 
 
 

 
この日も温泉で体の疲れを癒し、長かった2日目も無事に終わりました。雪にまみれて全力で遊んだ子どもたち。今日の体験によって、横浜と下川の子どもたちの仲もぐっと深まったように見受けられました。ちなみに、この日はみんな、とてもぐっすり眠ったようですよ。
 
(インターン:みやつか)

1/10 横浜×下川子ども交流ツアー1日目

2015.01.23

こんにちは!インターンの宮塚です。
今回は私のインターン滞在中のビッグイベントの活動レポートを3回に分けてお送りします。それでは、スタート!
 
1月10日から12日の三日間にかけて「横浜×下川子ども交流ツアー in 北海道上川郡下川町」が開催されました。子どもたちが互いのまちを訪問し、様々な体験を通してそれぞれのまちの良さを学ぶこのイベントには、横浜市戸塚地区の小中学生9名とスタッフが下川町を訪問し、下川町からは下川小学校の6年生5名とスタッフが参加しました。三年目になる今回は、昨年8月に下川町の小学生が横浜を訪問したツアーのいわば後半で、子どもたちが互いの町を訪問し合ったことになります。
 
初日の10日は、下川町のかわいいマスコット・キャラクター「しもりん」にお出迎えされ、下川町公民館で最初のオリエンテーションを行いました。はじめに安斎町長からご挨拶と歓迎のお言葉をいただいたあと、全員が一人ずつ自己紹介。今回のプログラムで子どもたちが楽しみにしていることとして、スキー体験や食事という声が多く聞かれました。この三日間たくさんお世話になったショップカフェ美花夢(Be-calm)のおいしい昼食をいただき、いよいよプログラム開始です。
 
15 - 49

15 - 56

15 - 47
 
 
 
 
 
 
  
下川町内散策
まず下川の町内散策に出かけました。最初に訪れたのは下川小学校。下川町で唯一の小学校で、校舎の内装が木質化されていることが横浜の子どもたちには珍しかったようです。公民館を見学し、隣の建物にある図書室へ。この図書室にある本棚、机、椅子などは下川町産の木材で作られています。横浜の子どもからは、「図書館が家の近くにないから、いいなあ」という声もありました。そして町内商店街の散策では、下川の子どもたちが先導して、昼食を作って下さった美花夢、ベーカリーのやない、町内で唯一のコンビニなどを紹介してくれました。
 
町内散策1

町内散策2

町内散策3
 
 
  
 
 
  
  
「一の橋」で椎茸狩り体験
次に、バスで下川町の小さな集落「一の橋」を訪れ、ビニールハウスでの椎茸狩りを体験をしました。今回ご案内してくださったのは平野さんと飯塚さんです。コツを教えていただき、子どもたちはビニールハウスであっという間にカゴいっぱい7キロ分を収穫しました。採れた椎茸をパック詰めしてもらい、下川町産椎茸のラベルを貼って、できあがり!初めての体験で、とても嬉しいお土産が出来上がりました。平野さん、飯塚さん、どうもありがとうございました!
 
一の橋1

一の橋2

一の橋3
 
 
 
 
 
 
 
本来ならばこの後に雪中運動会を予定していましたが、既に暗くなりかけ雪も降ってきたので、翌日に行うことに。宿泊準備をして(女性陣は五味温泉の環境共生型モデル住宅「エコハウスみくわ」、男性陣は森のなかヨックル)、五味温泉での夕食会のあと、温泉で体の疲れを癒して初日が無事に終了しました。みんな、初日おつかれさまでした!
 
(インターン:みやつか)