NPO法人 森の生活

月別

企業の皆様向け一覧

日経BP環境経営フォーラム様 視察ツアー

2014.09.30

 
2014年9月29~30日、日経BP環境経営フォーラム様が下川町で「バイオマスエネルギーと地域創生」視察ツアーを開催されました。17社21名のみなさまが参加され、下川の木質バイオマスを活用した町づくりを中心に理解を深められ、環境と共生した地域づくりについて盛んな議論を交わされていました。
 
日本経BP環境経営フォーラムのブログでも紹介されています。
【EMF事務局ブログ13】北海道下川町の視察ツアーで見た、バイオマスを活用した地方の挑戦
 
写真 (59) 写真 (58)

 
森の生活は9月29日の「日経BPの森」を活用した体験プログラムを担当させて頂きました。
 
1.森林の多面的機能について
2.天然林と人工林について
3.材積計算を通じた木材価格の算出
4.間伐体験
 
をテーマに、実際に森林のなかで体験的に学んで頂きました。
プログラムは森林環境教育プログラムLEAFに基づいた内容となっています。
終始笑顔がこぼれ和気あいあいとしたムードに包まれ、楽しみながら森林について理解を深めて頂けたように思います。
なかには、「今まで色んなところで研修を受けたけれど一番良かった」とお声がけ頂けた方もいらっしゃり、ご満足いただけたことをとても嬉しく思います。
 
企業のみなさまの本業となる事業の存続は、持続可能な地域社会があってこそ。様々な企業がCSR(企業の社会的責任)への取り組みを深められていく中で、本質的な取り組みを進めていかれるためには、やはり現場でのリアルな体験が活きるのではないかと思います。
今後もそのような企業さまのお手伝いができれば、とても幸いに思います。
(あそう)

横浜市戸塚区企業ツアー

2014.08.24

2014年8月20~22日、2泊3日で「環境未来都市 北海道下川ツアー ~企業がつくる未来のくらし~」(主催:横浜市戸塚区役所、協力:北海道下川町)が開催されました。
下川町と友好協定を締結している横浜市戸塚区の企業のみなさまが下川にいらっしゃり、下川の森林や取り組みについて視察頂きました。
森の生活もこのツアーの一部のプログラムを担当させて頂きました。
 
下川に到着してから、オリエンテーションのあと、美桑が丘管理棟にて、北海道の森林の特徴や植生の遷移、そして生物多様性などについて学んだあと、実際に美桑が丘の森で「森林を見る目」を養いました。
 
IMGP8092

IMGP8094

 
2日目は、下川町の木材加工工場や木質バイオマスボイラーなどの視察の前に、「とつかの森」で植樹をして頂いたあと、人工林の成り立ちや、チーム戦で立木の材積を計算して価格を考えるプログラムなどを行いました。終始笑い声が絶えない、和気あいあいとしたムードでツアーが進みました。
 
写真 (87)

 
写真 (88)

 
実際にノコギリを使った間伐・除伐も行いました。ほとんどの方がはじめての体験だったようで、とても良い経験になったというお言葉を頂戴しました。
 
写真 (89) IMGP8136

 
最終日の3日目は、参加者の方々との意見交換を行いました。
感想のなかには「下川にあって戸塚区にないもの、戸塚区にあって下川にないものがたくさんある。連携していくことに大きな可能性を感じる。」というお言葉も。
下川町と横浜市、距離は離れていますが、持続可能な社会に向けたパートナーとして、都市と農山村のより良い関係づくりを進めていくことが今後ますます重要になると思います。
また、参加者のみなさんが、短期的な成果でなく、長期的な可能性に目を向けられていたことも、とても印象的でした。下川町の「人」と横浜市戸塚区の「人」がとても気持ちよくつながった、そんな3日間でした。
(あそう)