NPO法人 森の生活

月別

活動報告一覧

4/24 幼児センター 森のあそび

2014.04.26

4月24日に、「下川町幼児センター こどももり」の子供たちと、森のあそびを開催しました。
下川町では、幼児センター・小・中・高校と一貫した森林環境教育に取り組んでおり、
幼児センターさんでは、月に一回、森へ遊びに行く「森のあそび」を行っています。
 
昨年末、幼児センターから美桑が丘まで歩いていける道ができ、今回は初めてそのルートを使いました。
ずーっと続く並木道を通っていきます。
 
IMG_5833

 
この道を使うと、幼児センターを牧草地の向こうに眺めながら移動できます。
お留守番の年少さんクラスに手をふり、「お〜い!」と声をかけあいました。
 
IMG_5842

 
途中、ヤナギの芽のフサフサを触りました。
はじめて触る感触にみんな大喜び。
 
IMG_5841

 
2月と比べて、雪を踏む音も変わりました。
ザクザクと音をたてながら、森のなかを進みます。
 
IMG_5848

 
木の根の周りから雪融けがすすむ「根あけ」もこの季節ならでは。
何か見つけたかな?
 
IMG_5858

 
そしてそして、季節ならではのものと言えば、白樺の樹液!
一斉の芽吹きに向けて、春先のわずかな期間、白樺はとてもたくさんの水を吸い上げ、樹液を出します。
少し、おすそ分けを頂きました。
 
IMG_5875

 
口に含んでみると、「あまーい」「おいしい!」と喜びあっていました。
 
今年度もはじまった森のあそび。
1年を通じてダイナミックに変化する森の自然と遊ぶ子供たちは、色んな驚き、気づきと出会います。
たくさんの森の思い出をみんなでつくりましょうね。
 
IMG_5894

 
(あそう)

名寄市立短期大学との平成26年度総合演習がスタートしました。

2014.04.23

名寄市立短期大学児童学科2年生三井ゼミと森の生活が連携して取り組む、2014年度総合演習が今年度から始まりました。
テーマは「センス・オブ・ワンダー(神秘さ不思議さに目をみはる感性) 私と自然 子どもと自然」です。
新しい取り組みの記念すべき第一回目の今日は、6名のゼミ生が美桑が丘に来てくれました。
 
IMG_5822

 
未来の保育士・幼稚園教員となる児童学科の学生さんたち。
「将来、保育活動に自然を活かせるように、まず自分が自然の豊かさを体いっぱい感じたい」という言葉は、とても心強く感じましたし、嬉しかったです。

1年間、継続的に学生さんたちが森の生活の活動に参加します。
フィールドでの実体験や気付きと、大学での学びがうまく結びつくような取り組みにしていきたいと思います。
 
今日はこの時期にしかできない、白樺樹液を美桑が丘で採りました。
どの白樺が良いかみんなで決めて、小さな穴を2cmほどの深さで空けると、次々と樹液が流れ出てきて、歓声が上がりました。
 
IMG_5828

 
はじめて味わう白樺樹液の味。
自然と白樺にも感謝の気持ちが湧きでます。
 
色んな「はじめて」に出会える1年になるといいですね。
学生さんや先生と一緒に、模索しながら、より良いゼミをつくりあげていきたいと思います。
(あそう)

4/19 みくわの日

2014.04.20

下川の町中に近い場所にある、みんなでつくるみんなのための森「美桑が丘」では月に1回、誰もが楽しみながら美桑が丘の場づくりに参加できる「みくわの日」を開催しています。
 
本日は、今年度最初のみくわの日でした。
指定管理者として管理運営している美桑が丘で行っているみくわの日もスタートしてから1年が経ち、徐々に定着してきました。
子どもからご高齢の方まで総勢30名の方にご参加いただき、暖かい春の陽がさす美桑が丘で自由に過ごしました。
 
午前中は焚き火の火おこしやハチトラップ作りを行いました。ハチトラップは、夏に向けて活動が活発化するスズメバチ対策として森の中に設置します。今年は参加した子どもたちと一緒に作りました。
誘引液の調合をするところから設置まで、一連の作業を共に行うことで、森の中で安全に活動するための工夫について理解を深めました。
 
お昼は「(仮)みんなのたまり場グループ」メンバーお手製のカレーをいただきました。焚き火で温め、野外でいただくカレーは、とても美味しかったです。
 
午後は男の子たちは焚き火、女の子や親子で参加の方々は森散策を楽しんでいました。
また、森から降ろした枯れ木を切り分ける作業も体験してもらい、焚き火で使う燃料にしました。
 
最後はみんなで片付けをして、本日のみくわの日を終えました。
終始天気が良く、心地良い雰囲気の中、笑いの絶えない1日となりました。
 
今年度のみくわの日は活動の計画から運営まで、町民グループの方々とともに作り上げています。
参加した大人の方が、子供たちがとても上手にノコギリを使うことに驚いていました。
普段なかなか使うことの無い道具ですが、みくわの日に参加する子供たちにとっては必需品!?
そんな機会を提供できる場になってきたんだな、と実感しています。
 
次回は5月24日(土)を予定しています。ぜひご参加下さい。
(とみなが)

2IMGP0379 2IMGP0380 2IMGP0382 2IMG_0584