NPO法人 森の生活

月別

森を体験する活動報告一覧

4/30 『森林環境教育関係者打ち合わせ会議』開催

2015.05.08

  
『平成27年度 第1回 下川町森林環境教育関係者打ち合わせ会議』が、4月30日に下川町公民館で行われました。下川町の各教育機関(幼児センター、下川小学校、下川中学校、下川商業高校)、下川町役場(教育委員会、環境未来推進課、森林総合産業推進課)、森の生活スタッフ、計11名が集いました。
  
下川町における15年一貫の森林環境教育について、環境未来都市構想や教育執行方針での位置付けを確認。そして、各校の教育方針等の下、下川町全体での森林環境教育の目的を設定するため、話し合いが行われました。各関係者に事前アンケートを取っていたこともあり、活発な意見交換がなされました。(目的案の文言については、改訂後、関係者の了承を得てからまた発表したいと思います。)
  
関係者会議は、2014年11月13日に下川町で初めて行われ、今回で2度目になります。今年は森林環境教育がほぼ終わった11月にも、事後評価を行う関係者会議を開く予定です。下川の子どもたちへより充実した森林環境教育を実施できるよう、地域での協働体勢を強化していければと思います。
  
5月から、いよいよ森林環境教育が本格的に始動します!子どもたちにとって楽しく実り多い学びとなるよう、関係者一同で、目的を共有し、力を尽くしたいと思います!
  
(さきこ)

IMG_3029
  
  
   
20150508095104

1/5 満月の夜の森歩き ムーンウォーク

2015.01.26

 
2015年最初の満月である、1月5日。「満月の夜の森歩き:ムーンウォーク」を開催しました。
参加者は15名。スノーシューを履いて、夜の森へ出発です。 
IMG_3577-2

  
出発時間には雲に隠れていた満月ですが、途中から顔を見せてくれました。
灯りを何もつけなくても、月灯りと雪灯りで歩けます。
木々越しに見る満月は、まるで森の心臓のようにも見えます。
_MG_0782-2

      
森を抜け、広い雪原を満喫!
誰も足跡をつけていない真っ白な雪の上を、どこまでも好きに歩けるのは快感です♪
IMG_3640-2

 
月の光をあびながらの夜の雪の森歩き。日常とは少し違った空間を体験していただきました。
2/4と3/6の満月の夜にも開催されます。ご興味ある方はぜひお申し込みください→
_MG_0803-2-2

1/12 横浜×下川子ども交流ツアー3日目

2015.01.23

インターンの宮塚です。
「横浜×下川子ども交流ツアー in 北海道上川郡下川町」、最終日3日目のレポートをお届けします。
 
楽しい時間だからこそ早く過ぎ去るものですね。
最終日は午前中に、三日間の「ふりかえりワークショップ」を行いました。
子どもたちが3つのグループに分かれ、「①夏の横浜、冬の下川を体験して感じたこと、3つ」と、「②この体験を将来どう生かしたい?アイデア、2つ」を話し合いました。②の質問がすこし難しかったようですが、アイデアを紙に書き出した後、各グループがみんなの前で発表しました。
 
それぞれの質問の答えをまとめると、主にこのようになりました。
 
① 夏の横浜、冬の下川を体験して感じたこと、3つ
・ 下川町は自然が多く、空気もおいしく、雪もさらさらしていて横浜と違った
・ 初めてのスキー体験でも横浜の子どもがすぐに慣れていてすごい
・ 下川産の材料を使って作られたものが多かったことがよかった(学校の建物、料理など)
 
② この体験を将来どう生かしたい?アイデア、2つ
・ 横浜の子どもにも雪遊びやスキーの楽しさを伝え、スキー体験をたくさんしてほしい
・ シイタケ狩りツアーを企画して横浜の子どもを下川町に連れてきたい
 
たくさん考えて、感じたことを元気に発表してくれた姿が印象的で、見ていたこちらも嬉しくなりました!引率の大人たちもそれぞれの感想を発表し、子どもたちが笑顔いっぱいに仲良く過ごすことができたことに安堵し嬉しく思うことや、大人自身も多くの体験を通じて充実した時間となったことが共有して聞かれました。
 
最後に集合写真を撮って、横浜と下川それぞれの子どもたちが帰宅の途に就き、三日間の交流ツアーが無事終了しました。
 
DSC_0292

DSC_0284

DSC_0281
 
 
 
 
 
 
 
子どもたちには、横浜と下川のまちの特性を生かしたこのプログラムでの体験を通じて、自分たちのまちの良さを改めて発見し、誇りを持ち、この体験を将来生かすことのできる時が来るといいなと願っています。私自身もこのプログラムを皆さんとご一緒し、たくさんの楽しく素敵な思い出ができたことにとても感謝しています。
 
参加者と協力者の皆さん、楽しく思い出深い三日間、どうもありがとうございました!
 
(インターン:みやつか)