NPO法人 森の生活

カテゴリ

対象別

月別

8/26 森林環境教育小3 −樹種とその特徴を知ろう−

2014/8/28 カテゴリ: 対象:

8月26日、下川小学校3年生を対象とした森林環境教育を美桑が丘で行いました。
今回は学習単元「理科 植物を育てよう2」とつなげたプログラムを企画しました。
子どもたちは、理科の授業の一環で今年の5月にホウセンカとマリーゴールドの種を植え、現在も成長の過程を観察しているとのことだったので、森林環境教育では対象を樹木に置き換えて「樹種とその特徴を知ろう」というテーマのプログラムを行いました。

 
森に入ったらまず、予め用意した5種類の葉っぱを30秒間で記憶し、全て探してくる「記憶力ゲーム」をしました。
 
IMG_1017

 
次に、班のリーダーにくじ引きで葉っぱを1枚選んでもらい、班毎にトレーシングペーパーで模写しました。実際に模写することで、絵を描きながら葉っぱの観察ができ、特徴を視覚的に捉えることができます。
 
IMG_1039

 
模写した後は、その葉っぱの持ち主はどの木なのか、予め目印をつけておいた5種類の木の中から探し当ててもらいました。この日のために用意した、手づくりの図鑑で木の特徴を調べながら、1つ1つ木を見て回り、模写した葉っぱと照らし合わせて、木と一致しているかどうか確かめます。
 
IMG_1042

 
なんとか目当ての木を探し当てた班は、その木の観察をします。
木の名前や幹を触った感触、枝や葉っぱの付き方、形など、五感を使ってじっくりと観察をしてもらいました。
 
IMGP0924

 
それを模造紙にまとめたら、最後に発表をしてもらいました。
それぞれの班が異なる視点で木の特徴を捉えていました。
 
IMG_1055

IMGP0937

IMG_1059

 
今回観察したハルニレ、シラカバ、ミズナラ、カラマツ、ハリギリの5種類の木の中には、普段の学校生活でも身近なものがあります。
小学校では2014年よりミズナラ、シラカバ、カラマツなどの下川産の材が教室内の床や壁にふんだんに使われるようになりました。また、学校給食では下川産のシラカバから作られた割り箸を使用しています。ハルニレは樹齢830年の大木が小学校のシンボルツリーであり、子どもたちにとっては近くで見守ってくれている存在です。
 
今回の森林学習は、普段の学校生活の中にある木や木材が一体どんな木なのか、少しでも知れる機会になったのではないでしょうか。
また、観察を通して知らない木の名前や特徴を導きだすことの楽しさや、チームで話し合い、お互いの意見を尊重しあって答えを導き出すことの難しさを経験できた1日にもなりました。今回観察した木が、今後子どもたちの中でより身近な存在になってくれていると嬉しいです。
(とみなが)