NPO法人 森の生活

カテゴリ

対象別

月別

6/19 講演:上川管内公立小中学校事務研究大会(名寄大会)

2014/6/20 カテゴリ: 対象:

6月19日10時30分〜12時00、上川管内公立小中学校事務研究大会(名寄大会)にて「学校と地域が連携した下川町の15年一貫の森林環境教育の取り組み」をテーマに、下記の4つの話題についてお話をさせていただきました。
 
1.持続可能な社会とは
2.下川町が挑戦する持続可能な地域づくり 
3.森の生活の活動
4.森林環境教育の取り組み
 
当日は約60名の先生方が出席されました。
下川町の地域づくりも、森の生活の活動も、森林環境教育の取り組みも、すべて「持続可能な社会」を目指した活動です。
簡単な答えはありませんが、日頃子どもたちと関わられている先生方と、このような話題を持てるとても貴重な機会でした。
日頃、下川の先生方と一緒に活動に取り組ませて頂くことは多いのですが、他の地域の先生方とご一緒させて頂けたことも、たいへん嬉しいことでした。
 
上川管内の森林率は約75%。
豊富な森林資源をどう活かすかが、とても大切な地域です。

上川管内の森林率8割以上の市町村の小学校4年生〜中学校3年生を対象に、2012年に森の生活が行った調査では、1年の間に森にまったく行かなかったという子どもが全体の約4割、1〜2回という子どもが約4割でした。
 
↓今回使用したスライドの一枚です。
スライド103_1

 
森林に行けば良い、という単純な話ではありませんが、身近な自然である森林と、子どもの頃からうまく付き合って行けるような環境をつくることは、きっとより良い地域の未来につながることと思います。
 
森林環境教育を授業の中で試しにやってみたい、学校林の手入れをしたい、森林環境教育を学んでみたい、という先生方がいらっしゃりましたら、お気軽にご連絡ください。
 
(あそう)